個別指導で大学受験 熊谷駅から徒歩3分
Loading

熊谷校だより

【LINEは勉強の妨げ?!?!?】

こんにちは!
武田塾熊谷校です。

さて、今回のタイトルは

【LINEって勉強の妨げ?!?!?】

いまやLINEを使っていない人はいないんじゃないか?!というくらい、
基本的なやり取りはLINEで行いますよね。
これまでの「Eメール」と違い、まるで電話しているかのように簡単に素早くやり取りすることができます。
このLINE。だらだらと友達とのやり取りを続けてしまっていると、勉強に上手く手がつけられなくなってしまいますよね。。。。

◎武田塾では、、、

受験相談や入塾する際のヒアリングなどで
『1日にどれくらいの勉強時間がとれているのか』
『いま現在、その時間をどのように使っているか』

などを聞いています。

現役生で部活をやっていない場合、
『18時には家に帰るので、勉強は20時~24時くらいですかね~』
なんて返答が大半です。

で、「じゃあ、その時間って今どんなことやってるの?」と聞き返すと、

『学校の小テストの勉強とか宿題とかやって・・・・、う~ん。。。。ははは(;^_^A』
という感じ。
問いただしていくと、
『携帯とか見てるとなんか気が付いたら寝る時間なんですよね・・・』
『勉強しようと思っても携帯があるとなかなか集中できないんです・・・』
せっかく勉強できる時間があるのだから、その時間を有効活用していかないと他人に差をつけるのは厳しいですよね。。。

有効活用出来ていない理由は様々だと思いますが、通塾している生徒を見ていて危険だなぁ~と感じているのがSNSなんです。

◎SNSは危険?!

皆さんもご存じだとは思いますが、【携帯電話】は【無人島に1つだけ物を持っていけるとしたら・・・】ランキングで常に上位に食い込んでいます。

その携帯電話で高校生がやることと言えば・・・

『LINE』『Twitter』『Instagram』『Facebook』『mixi』

などなど。

中でも、受験生諸君に使い方を注意してほしいのは
『LINE』『Twitter』です。
今回は、

『LINE』の使い方

を。
logo_linetext_iconダウンロード

『LINE』はSNSというよりは、連絡手段の一つですよね。
最近はメールよりもLINEでのやり取りが圧倒的に多い。
いわゆるチャット形式で、メールを送るよりも簡単に送受信ができてしまう。
とても便利ですが、とても危険です。

「あっという間に時間が過ぎてしまう・・」
「話が続いてしまって抜け出せない・・」
「返信しなかったら嫌われてしまうのでは・・」
「明日の学校での会話についていけない・・」

「既読スルー」「未読スルー」という言葉が出回っているように、

「読んだら”既読”になるから、返信しないと失礼」
かといって
「読まないと”既読”にならなくて、無視したと思われる」

つまり、

【早く読んで、早く返さなきゃ!】

という強迫観念に駆られてしまうのが『LINE』の性質になってしまっています。

かくいう私自身も、もっぱら友人との連絡手段は『LINE』ですし、「既読」の表示で相手が読んだかどうか確認することもあります。
ただ、【他人の顔色を気にして強迫観念に駆られる】ということはありません。
「既読スルー」「未読スルー」もよくします。

◎大事なのは、、、

”いますぐに返すべき内容” と ”そうでない内容”

まずは、しっかりとその判断をしましょう。

そして自分にとって

”いま何が必要” で ”何が必要ではないか”

これもしっかり考えてみましょう。

『ごめん、後で返信するね!』の一言を言える勇気を持ってください。

友人関係も大切です。受験勉強も大切です。

そのバランスをうまく保ちつつ勉強に取り組んでください。

次回は、LINEよりも危険だと感じているTwitterの使い方を。


武田塾熊谷校では、無料受験相談を行っております。
bt-contact-form-pc2
bt-contact-tel-pc-kuma
お気軽にお問合せください♪
twitter1⇒@kumagayatakeda
unnamed⇒@takeda.kumagaya

【日本体育大学目指してます!!】

【Twitterって勉強の妨げ?!?!?】

関連記事

  1. 【Twitterって勉強の妨げ?!?!?】

    2017.01.24
  2. えっ! 全然わからない・・・・。~悲惨な中間テスト~

    2017.05.23
  3. やばいっ! 期末テストまであと・・・

    2017.06.15
  4. どうなる?! 2018年度センター試験(後編)

    2017.06.08
  5. 【受験生は、かけこみタケダ!】

    2016.12.01
  6. どうなる?! 2018年度センター試験(前編)

    2017.06.06
PAGE TOP